norehero-19の日記

千葉県の鉄道などについて記します。

鉄道連隊演習線に繋がるアヤシイ路線の話①

アヤシイ道路

f:id:norehero-19:20210903164953p:plain
今昔マップを加工。

突然ですが、この地図は千葉駅の北側、千葉経済大学の周辺です。
左が地理院地図、右がオープンストリートマップです。


もう先走って地図に書き加えてしまいましたが、
轟町と松波の所にアヤシイ道路があります。

①轟町は四角い区画から生える謎の半円道路、②は総武線からゆるりと分岐する道路です。


この2か所が線路の跡なのではないか?ということです。もう答えなんじゃないか。

というわけで、今回はこのアヤシイ道路の正体について考察していきたいと思います。


千葉県の鉄道史に必ず登場する陸軍の鉄道部隊

ご存じの方は、この辺りがかつて鉄道第一連隊の拠点であり、演習線が敷かれていたと察していただいていると思います。

そもそも鉄道連隊とは何ぞや?という方は
イカロス出版の『実録鉄道連隊』が体系的にまとまっていると思いますのでおすすめです。


鉄道連隊の演習線といえば、習志野線とその支線である花島迂回線、下志津線があり、
また、大部分が新京成線となった習志野線があります。
臨時の四街道~八街~三里塚間演習線も県営鉄道となった部分はそれなりに知られていると思います。


実は、上掲の『実録鉄道連隊』に今回取り上げる路線が線路図で描かれていますが、文中での言及はありません。
他にもその路線が書かれた図を載せている書籍はありますが、その性格について記述しているものはなかったと思います。

とにかく、文字では伝わらないので、例のごとく地図を使っていきます。


戦前の千葉市は「軍都」

f:id:norehero-19:20210903144035p:plain
今昔マップを加工。2万5千分の1。

画像は今昔マップ・1930年部修の千葉駅北部と現代の比較図です。

鉄道第一連隊が置かれていたのは椿森の「鐡道一」となっている所です。ここは津田沼千葉工業大学に残る門柱のような遺構はなく、石碑があるのみです。

そして、地図中央にあるのが「千葉兵器支廠」と鉄道第一連隊の倉庫です。
国鉄の千葉レールセンターを経て、現在は千葉経済大学となっています。大学構内に材料廠煉瓦建築が残っています。

最終的に周辺には歩兵学校や気球隊、戦車学校もあった訳ですから、「轟町」という地名がつくわけです。


「軍用鉄道」と書かれているのは下志津線の線路です。
習志野線は旧千葉駅の西側から北上し、兵器支廠や下志津線が分岐、園生方面に抜けていっています。よくみると第一連隊内にも分岐線があります。
現在の線路跡はモノレールが上空を通っています。


それで、問題の謎路線ですが、この地図には描かれていません。
演習のための一時的な線路か、はたまた嘘なのかと思っていたこともありましたが、次の地図を見てみてください。

f:id:norehero-19:20210903150901p:plain
昭和4年及び昭和19年部分修正

この地図は5万分の1ですが、上図と同一の場所を抜粋したもので、1944年に部分修正された地図です。スタンフォード大学のサイトから閲覧できます。
https://stanford.maps.arcgis.com/apps/SimpleViewer/index.html?appid=733446cc5a314ddf85c59ecc10321b41


あえて何も図示しませんでしたが、千葉駅~西千葉駅間から北西方向に分岐する謎の線路が描かれています。
線路は東大と兵器支廠の間を抜けて、戦車学校の南側で大きくカーブ、そのまま習志野線と合流しています。

この路線を、松波地区を通って習志野線と環状になっていることから、この記事だけの呼称として「松波環状線」とします。


上図2つから、1930年から1944年の間に敷設された鉄道といえそうですが、この地図だけでは一時的に敷設された臨時演習線と思えなくもない。

仕訳ヤードも存在した「環状線

f:id:norehero-19:20210903155809j:plain
CHIBA(米国陸軍地図局1945-1946)のうち穴川附近抜粋
f:id:norehero-19:20210903160034j:plain
CHIBA(米国陸軍地図局1945-1946)のうち椿森附近抜粋

この2つの地図は、米軍陸軍地図局が作成した戦後の地図を抜粋したものです。縮尺が異なるため分かれています。テキサス大学のサイトから閲覧できます。
https://maps.lib.utexas.edu/maps/ams/japan_city_plans/


地図局の1枚目地図をみると「松波環状線」は千葉兵器支廠の敷地内に数本のヤードがあり、”駅”があったと思われます。
”駅”の北には引上線のようなものもあります。

2枚目地図では総武本線と合流してしまっていますが、おそらく総武本線(複線)と軍用線(単線)は並走していた(3線)と思われます。


また、これらの地図に描かれているということは、「松波環状線」が八街演習線のような敷設後に撤去された演習線ではなく、戦中から終戦にかけて敷設されていた(だろう)常設線であったということです。


続く